部屋

幸せな部屋に住みたい。

落ち着く光をくれる照明が欲しい。あのよくある、リモコンで操作できるだけのべたっとした丸いシーリングライトなんて見たくもない。あんな残酷で下品な光はないし、手元が暗ければデスクライトなり、テーブルライトなりを使えばいいだけだ。

ペンダントライトでもシャンデリアでもなんでもいいけど、上品な色と、形をしていればいい。眺めるたびに幸せになれるような光が欲しいと思ってる。

その下には木製、正円で脚が立派なダイニングテーブル。太いのが一本、そこから分かれて3本のものがあってほしい。それと椅子、プラスチック製のすこしひんやりしそうなもの。お醤油とか、食べ物の汁とか、そういうものでうっかり汚れても汚れてもティッシュ一枚でどうにか新品同様になってくれるものを色違いで4脚。

よく眠れてすっきり起きられるベッドも欲しくて、シーツも頻繁に取り替えたいし、引き出しがひとつついたサイドテーブルが2つ、フロアライトが1つあるといい。

全部すぐには手に入らない。ただ、絶対この「欲しい」が消えてしまわないうちに手に入れなければいけないんだと思う、手に入れる。

そういうふうに思っていれば、欲しいもの、こうなりたいもの、これが好きってものに出会った時、すぐわかるはずなのよ。準備ができるはずなのよ。呪術的思考でしかものを考えられない。思いは伝わるし願いは叶えられるし我々は絶対に幸福になるべき。

 

幸せな部屋に住みたい。この幸福を壊したくない、と思えるような部屋が欲しい。丁寧な生活をさせろ。朝起きて、夜眠れて、仕事があって生活がある部屋が欲しい。そういうふうに生きたいと思われるように生活をしたい。色気や、善意や、愛情や、興味や、関心のためには説得力が必要だから。荒むことで手に入れられる説得力は「全員で不幸に納得しましょう」という話でしかないので、いらない。憧れられなければ、きっと何も手に入らない。

「私はこれが好き」に敏感でいられるように身体をチューニングして、欲しいものに手が届かなかったときや手に入れたものを失った時に痛いと思えないなら、死んでるようなものだし。何が好きかもわからないようなわたしでいたら、わたしの好きな人も、わたしを好きな人も不安でしかない。安心したいし、安心させたい。安心してって言いたい、だから欲のないふりなんて絶対にしてやらない。

わたしは幸せな部屋に住みたい。自分の視界すべてに納得したいし、選べるようになりたい。絵が上手くなれば全部解決する、視界に入るものは発想に直結する。

「何を作ったか」ってほんとくだらねえなと思うわ。残るのは何を伝えて何を促したかだけだ

言うべきことシリーズ

思い出したらちゃんと告知とか書くようにしようと思います。

 

Adobeさんの企画でインタビューしていただきました

#Illustrator30_30 #Ai30th 記念連載 | Vol.3 イラストレーター majoccoさん | Adobe Creative Station

 

リクルートとらばーゆさんにインタビューしていただきました

toranet.jp

 

 

ユリイカ大森靖子特集号にイラストと文章を寄稿させていただいています。

ユリイカ 2017年4月号 特集=大森靖子 | 大森靖子, HISASHI, 道重さゆみ, 最果タヒ, 江口寿史 |本 | 通販 | Amazon

 

テレビの制作に関わらせていただきました。

岡崎体育さんイメージのキャラクターやメインイラストなど描いています

 

www.tv-asahi.co.jp

 

サンキューマートさんから新しいグッズを出していただいています。

item.rakuten.co.jp

 

そのほか似顔絵を描いたり、美容室や動物団体のロゴをつくったり、アプリのスタンプをつくったり、ネイルシールをつくったりしていました。告知をめちゃくちゃしていなかったことに気づいて絶望した。ウェブそろそろ整理して受注フォームとかつくろうと思います がんばるぞ 来月は引っ越しです。

 

この思い出はわたしのもの

だからだめだよ。

f:id:majoccom:20170401130140j:plain

 

「制服を着たあなたを犯したい」って願望、他人事としてよく見かけるけど、「着たいと思ったのが着る本人」以外ぜんぶ気持ち悪いな。

あなたの青春はあなただけのものだし、そんな風に実を結ばせるために部活や勉強や人間関係に必死だったわけでもないでしょ。過去を汚したり塗り替えたりしたがる人と未来なんて歩めるのか。大事だった、大事にしている、もしくは捨ててしまいたいぐらい嫌だった青春。「制服を着た人」に向けられる、憧れの皮を被った支配欲が蔓延していて、どうか心の中だけでお願いね、と思う。1ミリ単位で長短あわせて美しくありたかったのは、男の人のためじゃない。

ソルビトール

その言葉を繰り返し舐めて、

腑に落ちない甘さを脳で噛み砕いたら、少しは、だるい身体も動くようになるのかしら。
砂糖の入っていないガムの成分表示を見る、他人の生い立ちに興味がある。それは私にとって同じことで、わたしの周りに存在しているものが、私にとって、いのちであるか、そうではないのかを判断したい。いのちは、気をつけて触って食べていいもの、食べるべきもので、そうでないものたちは体内に入ると私を緩やかに腐らせていく。わたしはいのちと仲良くしたいから、必要であればわたしが食べたぶんと最低でも同じぐらい顔や身体や脳を差し出してたくさん食べてもらうべきなんだろう。
食べて食べてもなくならないからだ、汚れたそばから染みを忘れるシーツ、錆びても磨けば大丈夫な指輪とか、そういうものについてずっと考えている。意思と、説得力と、健忘によって守られる純粋のことを私は全く理解できなくて、引きちぎって渡した肉は戻らないし、どこから再生させるべきかもわからない。組成がわからないから戻せない。だからアンパンとか、ゴキブリとか、そういうものをどうにかくっつけて、血を巡らせて、失われた機能を果たさせている。
 

煙草

わたしはニコチン中毒だ。

火を見るよりあきらかに、わたしの肺は汚れていく。

 

オリンピックに向けて飲食店でタバコが吸えなくなったら、どうしよう。

最近よく考える。コーヒーにタバコ、文庫本にタバコ、あらゆる余白に毒の煙、アイコスじゃだめで、わたしの中で燻るタバコへの憧れはあんな機械じゃ満たせない。

選んだライターで火をつける、灰が落ちる、ちょっとの力で折れてしまう、不便で愛おしい紙巻のタバコと、喫煙に付随する文化、景色が、好き。

 

ビタミンや、喉の粘膜や、いい匂いを灰皿に捨てることと引き換えに、憧れてしまったものに憧れ続ける自由を手にしている。

肺癌は怖い、嫌われるのもいや。でも、「交通事故が怖いからどこにもいかない」はしたくなくて、今日もライターを弾く。

 

タバコを手にする動機はたいてい憧れか、暇だ。

憧れを植えられて、植えて、お金を吐き出して、吐き出させて、あらゆる余白を煙に巻いたら、意味のない沈黙の瞬間も、匂いの伴った記憶になる。

 

「彼の肺が、わたしの思惑通りに汚れ続けることを想うと、少しだけしあわせ」

セクシーであること

f:id:majoccom:20161130192731j:plain

f:id:majoccom:20161130192739j:plain

 

AAAカップからのシンデレラバスト向けランジェリーブランド、feast(http://feast.tokyo)さんから
コラボ下着の第2弾が出ます。第一弾もまた出ます。ノンワイヤーです。
モデルはハナエさん(https://twitter.com/Hanae_xxx)。
本職は歌のお嬢さんです。
ライブでピンクのバラ鞭を持ち出すガールポップシンガー…
彼女が何やってもポップなのは「やりたいこと」「好きなもの」をカチッと持ってる女性だからだと思う。
自発的に物事を愛することに怯えがないというか、考え方が自立しているからどう動いても清潔。

 

デザイン段階で勝手にイメージモデルにしていたから、着てもらえて本当によかった。
撮影の時は、「ドヤ顔でお願いします。文句無しに絶対美しいので、そういう表情をください。」
という希望を強く出しました。
「小さい胸」へ勝手にまとわりついてくるナメられ要素を全部ぶっとばしたかった。そのために、能動的な女性に着てもらうことは超適切でした。

 

第1弾のAnti Lolitaは乳首が透けます(しかし浮かない)。
黒とローズピンクを使って、絶対セクシーにしたかった。テーマは「ロリコン倒す」
第2弾のSweet Nudeは「贅沢な皮膚、ほんのり色づいた甘い肌」っていうイメージにしたかった。
レースが可愛くって最高です。テーマは「ダサいベージュ殺す」

feastが「創業者のコンプレックスから産まれたブランド」ということを知った時、まずわたしはびっくりしました。胸が小さいっていうことがコンプレックスになる、という「情報」はあっても、思想がわたしの意識の中では存在しなかったからです。(世界で一番美しい身体の型を持つのはバレリーナだと思っている)
でもサイズがなかったり、自信が持てなかったり、コンプレックスになるんだって。そうなのか…
わかった、そういうこともある。でも、あなたがコンプレックスを持っていたとしても、わたしは美しいと思うし、手入れされた肌をしていて、きれいに立つことができるだけで女性の身体は最高だって言いたい。

デザインする時に意識したことは、「セクシーであること」です。
胸が小さいことを苦に感じる時、ひとは色気や、女性性について考えてしまうらしい。ので、
私はセクシーな下着を、セクシーに悩む人にだって絶対楽しんでもらえるような「女っぽい」形で提案したいと考えました。
胸が小さいっていう状態を、少女性だとか、未分化だとか、幼さとか、そういう文脈で「弱いもの」「御せるもの」として見做されることが嫌な人の武器やお守りみたいになってほしい。
「わたしは女性です。あ〜可愛い。よかった!」というテンションを後押しするために下着って最高のツールなのですが、胸の小さい人は、情報が手に入らないとそっけないスポブラとか、カップ付きキャミとか(楽で大好きだけど)、フィットしない下着を無理やり買うっていう選択になったりすることも多いらしく、それってどれも自分の身体を楽しむこととは遠くなってしまうのかなと思います。
これだったら今までセクシーが好きなのに、「ちがう」って言われていた胸の小さい人がちゃんと着れて、楽しめるんじゃないかなと思うものをつくりました、つくりたかった。つくれてよかった!

はじめて赤い口紅をつけてどきどきしたときみたいに、セクシーを楽しんでほしいと思っています。

 

公式通販12/2〜9

http://feast.theshop.jp/secret_ec/login 

 

feast secret

feast.tokyo

 

 

 

ポストカードにしていただいた イメージイラスト

f:id:majoccom:20161130192754j:plain

f:id:majoccom:20161130192758j:plain