読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全無欠のビビガール

不特定多数の誰かの言葉でこわれた女の総称としてつかえる、完全無欠のビビガール。ミヒャエルエンデのモモに出てくるお人形の名前ね!なんかすっごい毛皮とか欲しがる。つよい。

 

新しきはヘルタースケルター、そこからフィクションはまだ更新されてない気がする。いろんな願望のキメラみたいな、そういう人は今もう現実に沢山いるから、あんまりフィクションにする意味もないのかも。「希望なんか無い、おまえは何にでもなれるけど、何にもなれない」って言ってるように聞こえるからわたしはヘルタースケルター嫌いなんですけど。用意された彼女、便利で安心裏切らない、上っ面だけ見てたいアイドル、僕だけを好きな最終兵器、ばかじゃないの?やめなよ

 

心がからっぽだ、というようなことをあんまり誰にも思ってほしくないというのがだいたいの前提にある、臓器を持っているくせに。脳死もしていなければ臓器提供の意思カードも書いていないのに、心だけやたらはやく動くからそんなことになる、思考のペースにあわせてめちゃくちゃ踊るなどをして、肉体の実存について見直しをしたほうがいい。

 

器がね、底抜けであろうともよ。蓋をする若しくは、全部がこぼれないうちに次の大事を入れていくとか、なにも密閉しなくていいように海に放ったり、跡形もなく粉砕して溶かして作り直したり、そういうのが生活のはずなのに、延々と虚の話をされたところで、寂しいんだなってことしかわからないでしょ、さみしくないの根拠をもっと上手に探したい。大好きばっかりで、あなたもわたしも何にでもなってやろうじゃんね。

 

伝わらなければ愛ではない

ハロー、これが私の愛。半死半生になるまで切り刻んであげるね。そんなの分かりたくないでしょ、伝わらないなら、愛ではない。

 

わたしは男に甘えられることが嫌いである。わかってくれ、どうしてわからない?と言われても、殿方は選ぶ側でいられて呑気ですね。としか思えなくて。あらゆる女たちが、ゆるすことで引き受けた毒の刃で自らを彫刻して、冷水でかたちを引き締めて、それでいてなおあたたかく、やわらかく、しなやかであれというご都合主義の鋳型に自分を流し込み、余った部分を引きずりながら奇形に成り果てるのは、往々にして身体のつくりが“選ぶ側”よりも弱いから。殴られるなら、そのへんの鈍器でも持ち出して、殺してしまえばいいと思う。あなたもわたしも、ひとりで自由でいることが、どこからの評価よりも、どういった賞賛よりも大切だ。我々が教養や、居場所をたくさん持つことや、誰とでも普通に話せることでしか自由でいられない、自立していられないということはもう分かっていると思うし。

 ただ寂しいのであれば、流れの滞った海で発酵したごみと温まって、だれかの言葉でしか話せなくなるまでズブズブに腐り果てることもできるだろうけれど、死ぬしかないような温もりで孵るものは化け物よ。たかが知れている。

女も男も人ではないね

好きという言葉は暴力だと思っている。意地が悪ければ悪いほど、魅力があるならあるほど、これを意識して他人を思うようにすることは容易いと思います。私の出会ってきた人たらしたちは、例外なく人への好意を露わにするし、その好意に意味や責任は往々にして無い。あるのは行動と反射だけ、わたしはもっと平らになるまで、そういうふうに殴りつけられたい。

 

女も男も人ではないね、それは道具の名前だ。武器になるまで磨くなり、ガンになるほど無視するなりして、奇形のそれをたずさえた人は、美しいかはさておき、それぞれ珍しく、どれが誰かを認識できる。あなたのものではない血を流すあなた、は多分わたしと違う生き物で、もう触られてしまった人たち、わけがわからなくなるのをこわいと思わない人たち。守られてるから話が通じないし、お互いにきっとわからない。目耳鼻口すべて均されたつるつるの顔で、当たり障りなくのっぺら同士で誰が誰だかわかっている。似合う化粧をしたいわよね?お前様はお前様をお前様にすることを諦めて、どこかの何かになりたかったんだから、なれたのだから、全然かわいそうじゃないよ。

 17の時からの友人がいつかこぼした「思ったことを言ったらみんなに嫌われる」という言葉に対する否定は「わたしはあなたのことが好きだよ」で通した。わたしは彼女に対して暴力を振るったのだから、魅力的な個人で居つづけなければいけないのだと思う。「みんな」って、どういう言葉を喋って、どういう話が好きで、どういうふうにあなたを見て触るどういう勘をした誰だ。

 

誰でも気軽にいなくなれる

東京の印象を3つ。「速い、忘れる、執着しない」

これは、「いい女」の概念とたぶん殆ど一緒。都合がいいよね、ほんとに。

マーシャルの匂いで気が狂っても打たれたら被害届。6畳間、血で血を洗って腐り果てるまでが20代。絶対にたくさんカタカナを使わなければいけない、もしくは使ってはいけない。ハイヒールで靴擦れして、青山から出たら脱いでも良くて。それぞれのルールが駅ごとの感じで存在して、それに倣って人も変わるとか、あるよね。そういう人もいるよ、そうじゃない人もいるけど。

 

速くて、忘れあえて、執着しないから、いつでも何かに恋ができるようになっていて、誰でも気軽にいなくなれる。そういうのが都会であり、お洒落ですってイメージを作ったのは誰、というかどこなんだろう。

自分の思う普通でいるために、この都はとても都合がいいです。

その一行を繰り返し舐めて

全身に甘く鳥肌が立つような言葉を、正確に見つけだす人達がいる。

堆積した死骸たちから、最高のものを掘り当てるのはとても難しくて、それが石油だったら王様になるでしょ。

わたしたちに文明を、光をくれるのだから、それぐらいの対価は当然だと思う。

 

わたしはその事実、「そういう人がいる」だけで充分。言葉はわたしの領分ではない。わたしは、ガラクタを並べ立ててさも高級そうに飾ることしかできないんじゃないかしら。

「喋れば喋るほど下品で、恥ずかしい、損をする」だからね、140文字で遊べる範囲でしかものを考えないようにしていたら、精神衛生が向上して知能指数が下がりました。

そう、わたしは馬鹿。

 

馬鹿なら黙れと叱られても、畜生なりに4本足で辿り着けるところまで足掻かなければ、人間様の思惑通りよ。そういうのは嫌でしょう。

「おまえはわたしより頭が悪い」と食ってかかるだれかさまの皿に、自分から乗る必要ないわよね。ここまで腑に落とすためにとても時間がかかった、もっと敏感でいないとよろしくない。

 

仕事の報告とか、レビューとか、拡散のための文章。

そういうことを素晴らしくやってのけることがわたしの仕事ではとても大事だけれど、書くための筋肉がなければ、最適解にたどり着くまでとても時間がかかるし、全身が痛くなって翌日起きるのも辛くなる。わたしはなるべく「わたしが助ける」と言ってしまいたいほうだから、もっと上手にやりたい。どこまで行っても同じ海、潮が速いとか凪いでるとか、そういうのは、深く潜れば気にならないと思ったのよね。

なるべく気持ちがいいように、溺れましょう。

 

悪口を言う人はありえない、という悪口ならいい。

辞めるとか死ぬとかすぐすぐ言ってしまえることや、衝動でそれにつながる行為を実践できることや、傷つけてみたのを忘れてしまえる軽やかさがわたしは羨ましいです。もっとそういうふうになりたかった、絶対に何が何でも、ほしい物を手にいれるために手段を選びたくなかった。言い訳なんてしたくなかった。純粋だろうそういうのは、迷惑だけど、仕事に差し障りがあるかもしれないけど、純粋だろ。思うだけで立ち止まるからみじめなだけだな。結果がどうなろうと知ったことではありません、軌跡を愛でる物なんだと思います。

 

悪口を言う人はありえない、という悪口ならいい。わたしはかわいいから、愛されてるからあいつはブス。悪口なんてみんな言うし蜜よ。自分は、自分たちは綺麗だって言い張りながらそういうドラッグ貪れる逞しさってきっと美しいんだと思う、だって世界にも社会にも肯定されてるし、されてなければわたしが肯定するし、どうでもいいです。肌艶とか目の輝きとかそういうものが守られるほうがみんな元気でいられるもんね。わたしもそうだよ、わたしはそうだよ。

 

横断歩道の白いところだけ歩くみたいに、正しいがわかれば、決められれば、そこだけ歩くようにずっとしてきたけど、そういうのってほんとにどうでもいい。

爆走したい、峠を攻めていきたい。風になりたい。赤信号を渡る人でもお金は稼げるし煙草をポイ捨てする人にも彼女はいるし、知らん、わたしも毎日海やTLを汚している。好きか嫌いかしかないです。大事な大事な自分のために地球を守ろうね。

 

 

乳のひとつも満足に揉めず、おまえはなにを成そうというのだ

日記じゃない

人を傷つけたり慰めたりする季節として秋は他より適性がある。

 

「やわらかくあれ」という言葉は50回ぐらい切れ目なく繰り返し発音してみても顎が疲れない、噛むことを怠ると頭が悪くなるんだっけ。

ファミレスに行って会計のとき、財布を忘れたことに気づいて、店員さんに住基カードを託して待っててもらいお金を払った。頼みの綱のパスモも非対応で悲しくなった、もしわたしがワルだったら、こういうとき不意に食い逃げをしたりするのだろうかと考えたけどわからない。

 

男性は勃起しないことで女の顔も体も人生も否定できるんだなあと思い至った、勃起しないことで人を傷つけるのがこわい、そういうのもあるのかな。「別にそんなことでわたしはどうにもならない」ってどれぐらいの人がほんとで言えるんだろ、ファンシーキューティ男性器、かわいい売りの男の子は男性器に依存しない性行為を営めるのだろうか問題、かわいい「のに」そこに依存してる矛盾がいいのか?他人の性癖も性欲も全く理解できないけどみんなそれぞれえっちなんじゃないんですか。

いくえみ綾を読んで死ぬ日に何を思って眠るのか、歴史なんてそこにしかないと思う。岡崎京子の一切を理解できないような男の人が好き、女の子はもっとりりこでいいんだと思う。父親から送られてきた自撮りは確実にアイドルの自撮りを研究した結果だった。わたしたちは一体何になれるんでしょうね。