乳のひとつも満足に揉めず、おまえはなにを成そうというのだ

人を傷つけたり慰めたりする季節として秋は他より適性がある。

 

「やわらかくあれ」という言葉は50回ぐらい切れ目なく繰り返し発音してみても顎が疲れない、噛むことを怠ると頭が悪くなるんだっけ。

ファミレスに行って会計のとき、財布を忘れたことに気づいて、店員さんに住基カードを託して待っててもらいお金を払った。頼みの綱のパスモも非対応で悲しくなった、もしわたしがワルだったら、こういうとき不意に食い逃げをしたりするのだろうかと考えたけどわからない。

 

男性は勃起しないことで女の顔も体も人生も否定できるんだなあと思い至った、勃起しないことで人を傷つけるのがこわい、そういうのもあるのかな。「別にそんなことでわたしはどうにもならない」ってどれぐらいの人がほんとで言えるんだろ、ファンシーキューティ男性器、かわいい売りの男の子は男性器に依存しない性行為を営めるのだろうか問題、かわいい「のに」そこに依存してる矛盾がいいのか?他人の性癖も性欲も全く理解できないけどみんなそれぞれえっちなんじゃないんですか。

いくえみ綾を読んで死ぬ日に何を思って眠るのか、歴史なんてそこにしかないと思う。岡崎京子の一切を理解できないような男の人が好き、女の子はもっとりりこでいいんだと思う。父親から送られてきた自撮りは確実にアイドルの自撮りを研究した結果だった。わたしたちは一体何になれるんでしょうね。