誰でも気軽にいなくなれる

東京の印象を3つ。「速い、忘れる、執着しない」

これは、「いい女」の概念とたぶん殆ど一緒。都合がいいよね、ほんとに。

マーシャルの匂いで気が狂っても打たれたら被害届。6畳間、血で血を洗って腐り果てるまでが20代。絶対にたくさんカタカナを使わなければいけない、もしくは使ってはいけない。ハイヒールで靴擦れして、青山から出たら脱いでも良くて。それぞれのルールが駅ごとの感じで存在して、それに倣って人も変わるとか、あるよね。そういう人もいるよ、そうじゃない人もいるけど。

 

速くて、忘れあえて、執着しないから、いつでも何かに恋ができるようになっていて、誰でも気軽にいなくなれる。そういうのが都会であり、お洒落ですってイメージを作ったのは誰、というかどこなんだろう。

自分の思う普通でいるために、この都はとても都合がいいです。