完全無欠のビビガール

不特定多数の誰かの言葉でこわれた女の総称としてつかえる、完全無欠のビビガール。ミヒャエルエンデのモモに出てくるお人形の名前ね!なんかすっごい毛皮とか欲しがる。つよい。

 

新しきはヘルタースケルター、そこからフィクションはまだ更新されてない気がする。いろんな願望のキメラみたいな、そういう人は今もう現実に沢山いるから、あんまりフィクションにする意味もないのかも。「希望なんか無い、おまえは何にでもなれるけど、何にもなれない」って言ってるように聞こえるからわたしはヘルタースケルター嫌いなんですけど。用意された彼女、便利で安心裏切らない、上っ面だけ見てたいアイドル、僕だけを好きな最終兵器、ばかじゃないの?やめなよ

 

心がからっぽだ、というようなことをあんまり誰にも思ってほしくないというのがだいたいの前提にある、臓器を持っているくせに。脳死もしていなければ臓器提供の意思カードも書いていないのに、心だけやたらはやく動くからそんなことになる、思考のペースにあわせてめちゃくちゃ踊るなどをして、肉体の実存について見直しをしたほうがいい。

 

器がね、底抜けであろうともよ。蓋をする若しくは、全部がこぼれないうちに次の大事を入れていくとか、なにも密閉しなくていいように海に放ったり、跡形もなく粉砕して溶かして作り直したり、そういうのが生活のはずなのに、延々と虚の話をされたところで、寂しいんだなってことしかわからないでしょ、さみしくないの根拠をもっと上手に探したい。大好きばっかりで、あなたもわたしも何にでもなってやろうじゃんね。