ダイソンのドライヤー

頭が臭いのをやめようと思った。

わたしはシャンプーが苦手である。髪が乾かないと紙にさわれないし、乾かすのは時間がかかるし、アトピーでシャンプーは合わないことの方が多い。シャンプーを探したり合わないものを即捨てする財力もない。よって、人生の5分の3ぐらいを「頭が臭い人」として過ごしてきてしまった。これは、時間として「頭が臭い」割合が多すぎるのではないのかと。

人と会わずに引きこもって仕事する日々、頭が臭すぎて突然のお誘いは断る、もしくは「頭臭いですけど差し支えございませんか」というどうしようもない質問を投げつけるという始末。こんな人生は嫌だ。現在展示中、在廊でお客様とお会いする機会も多く、こんなに頭を洗うことがストレスになっているのはなぜ?と考えたところ、「シャンプーが合っていないので使うと皮膚がボロける」「死んだ民宿の微風ドライヤー(¥1000)を10年使用」ということが大きいのでは?と気づき、シャンプーのテコ入れとパナソニックの頭皮エステ(快楽が伴えばシャンプーが苦痛でなくなるだろうという目測)、そして、現在市販品最強クラスと言われるダイソンのドライヤーを導入した。結果としてわたしは現在、毎日シャンプーを行なっている。髪は20分→3分で乾くようになった。

ダイソンのドライヤーは高い。零細自営業の私が手にするべき品ではない、いうことには疑いの余地がない。
実際、購入ボタンを押すときには手が震えた。風に5万も払うやつがあるか?と。バカバカしくはないかと。そんな金があるなら、いつ襲い来るかもわからない貧困に備え、貯金するべきではないかと。しかし、もう頭が臭い人生は辞めたかった。勇気を出して購入、使用してみたところ、飛行場のような雰囲気の音がする。
飛行機は人類の夢、であればこのドライヤーも人類の夢のようなものか、私は夢を買ったのか…形も飛行機みたいにかっこいいしもういいか、最高なんて考えているうちに髪が乾く。本当にすぐ乾く。私のように頭が臭いことで悩んでいる、しかし坊主にしたくないという人などはダイソンのドライヤーを買うといいと思います。本当にすぐ乾くし飛行機みたいでかっこいい。

 

room.rakuten.co.jp