九十九里浜、きっとみんな知ってる九十九里浜、私たちの他に誰もいない土地、もう終わってしまったのか、始まってもいないのかもわからない土地。夏はどんな顔をするのかしら、砂を撫でにいく。