或いはその不満足をゆめゆめ忘れぬようにと